2014年2月12日水曜日

アスペルガーとADHDの見分け方

同じことをいつも忘れる、話し出すと止まらない、会話に割り込む、なれなれしい、懲りない、落ち着きがない、空気が読めない、すぐに手が出てしまう、興味があるものが目に入ると走っていく。

不注意、多動性、衝動性などという用語で説明できるものばかりです。

これらはすべて自閉症スペクトラム(Autistic Spectrum Disorder: ASD、アスペルガー障害や広汎性発達障害が含まれます)、ADHDにみられる症状です。さらに自閉症スペクトラム(ASD)とADHDは合併することが多いといわれています。そうなってくるとこの2つの見分け方はかなり困難になります。しかもこの2つを見分けることで、精神療法、薬物療法ともに治療の方向は変わってきます。

先日、京都大学精神科の十一先生の講演をお聴きしてきました。そこでこの2つの見分け方について教えていただきました。

自閉症スペクトラム(ASD)の特徴は大きく2つです。

・他者と自然に反応、呼応しあう能力の障害
・一定不変であることへのこだわり

ADHDの人は他者と呼応しあう、つまり相手の気持ちを慮ることはできますし、一定不変へのこだわりはありません。ただ、ADHDの人はその瞬間は自分の気持ちを抑えられずにし、してしまった後に後悔することが多いような気がします。自閉症スペクトラム(ASD)を軸として考えるとADHDとの見分けがしやすいのです。

改めて勉強になったので今日は書いてみました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。