2014年2月25日火曜日

退屈な時間を作る

最近は後部座席にテレビを設置している車を見ることが増えました。診察室に来る子どもたちも小学生以下なら半分近くの子が片手にゲームを持っています。診察中に平然とゲームを始める子どもたち。単にゲーム批判をしたいわけではありません。

家ではテレビとゲーム、外に出てもゲーム、外食中も箸だけ動かして、家族の顔は見ずに下を向いてゲーム。片時も暇な時間を持たないその光景は異様にさえ見えます。確かに子どもたちは退屈な時間が苦手ですから、子どもたちを静かにさせるには最高に効率のいい方法でしょう。

僕は子どもたちにとって退屈な時間は大切な時間だと思っています。何をしていいのかわからなくなった時に、子どもたちは初めて物を考えます。次に何をしようか、自分が何をしたいのか、今日あったこと、明日の予定のことなど、思考の回路が回り始めるわけです。周囲にいる友達と会話を始めることもあるでしょう。会話とは思考することです。それがテレビやゲームで次々と新しい刺激を機械から与えられる状況というのは自分で物を考える時間を奪います。

子どもたちに学校は楽しい?と聞くと、半分以上が「びみょう」、「ふつう」という答えが返ってきます。その時に僕は「学校がびみょうっていうのはどういうこと?」と聞きます。そうすると、「わからない」となることがほとんどです。つまり普段から決まった語彙だけを会話で使い、考えるという動作を頭の中でしていないため、とっさの質問に返答できない。これは大人も同じです。話がおもしろい人とおもしろくない人がいます。その2つを大きく分けるのは普段物を考えているかです。つまり物を考えていないと一つの話題が出てきたときにとっさに話ができません。

物を考えるためにはそのための時間が必要でしょう。そのためには本を読む、人と会話する、仕事をする、何かの体験をするなど様々でしょう。思考は筋力と同じです。普段、足の筋肉を使っているから歩けるわけで、使っていないと人は歩けなくなります。普段思考していないと、思考したくてもできません。どう思考していいのかわからないからです。

子どもたちに敢えて退屈な時間を作ってあげてください。車の中で車窓から見える景色を見ながら、子どもたちは自分なりにいろんなことを考えるはずです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。