2014年3月29日土曜日

スタッフミーティング

僕のクリニックでは開業以来、毎朝30分、全員(僕、看護師、心理士、受付)でその日に来られる患者さんの情報共有のためのスタッフミーティングをしています。

1日に何十人と来られる患者さんの中で、安定されてる方、不安定な方、診断書などの書類が必要な方、検査が必要な方、カウンセリングが必要な方、生活面でのサポートのために行政や福祉のサービスが必要な方、病院への紹介が必要な方など、ニーズによってほんとに多種多様なことがあります。

ミーティングの中では僕だけでなく全員で発言してもらい、すべてのスタッフからその患者さんについての情報を共有します。たとえば、入ってこられた時の様子、待合での様子、遊んでいるときの様子、診察中、診察後、採血時、カウンセリングの様子、会計時など、すべて患者さんについての情報になります。僕はあくまでも診察室での限られた時間しか患者さんを見れていません。クリニックにおられるすべての時間を治療につなげていけると考えています。以前にも書いたとおり、クリニックに入られてから出られるまでが治療です。診察、診療も同様です。

患者さんについての情報はスタッフ全員が把握しているべきだと考えています。患者さんがクリニックに入られたときに、受付さんがその患者さんの状態を把握しているだけで、言葉のかけ方や対応の仕方が変わると思うからです。

また、患者さんの情報を当日の朝に確認することで、スタッフ全員の心の準備になり、その日にどう動くべきなのかなど、余裕が生まれるというメリットもあります。僕自身も、診察直前にカルテを急いでみて、土壇場の判断となることはしたくありません。これができるのも、小さなクリニックだからこそと思います。

スタッフ全員でできるだけの情報を把握して、気持ちに余裕をもって診療に臨むことがいい診療につながると信じています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。