2014年5月27日火曜日

逆境力(レジリエンス,Resilience)

先日のクローズアップ現代のレジリエンスについての放送を見られましたでしょうか?

レジリエンスとは日本語では逆境力です。精神科の中では最近特によく耳にする言葉になってきました。

レジリエンスという概念は1970年代にできたそうです。そのきっかけになったのが、第二次世界大戦のホロコースト(ナチス・ドイツがユダヤ人などに対して 組織的に行った大量虐殺)を超えて生きた孤児たちの中で、トラウマを乗り越えて前向きに生きていける人とトラウマを乗り越えられずに後ろ向きに生きる人の両方がいることがわかったそうです。同じ辛い経験をしているはずなのに、どうしてその後の生き方や人生が違うのか。

この研究でわかったことはレジリエンスには「思考の柔軟性」が必要だということでした。つまり、厳しい状況でもネガティブな部分だけでなく、ポジティブな部分を見いだせる人が逆境を乗り越えられるそうです。

それではそれを最近みんながよく使う「心が折れる」という単語を使って平易にして、「心が折れにくい人」とはどんな人なのでしょうか。

一般的に心が強いとイメージするのは「鋼のような」、「跳ね返す」、「硬い」、「頑丈な」というように何か強く硬い心でしょう。でもレジリエンスは柔らかくて前向きな心です。


多くの研究でわかったレジリエンスに必要な要素はこの5つです。

・感情のコントロール(一喜一憂しない。感情の起伏が激しく、一喜一憂する人はエネルギーの消耗が激しく長持ちしない)
・自尊感情(自分を過小評価しない)
・自己効力感(自分は少しずつでも成長していると感じる)
・楽観性(いつかうまくいくだろう)
・人間関係(自分を支えてくれる人たちの存在)

他にも愚痴を言うこと、困ったことを話す、一緒に笑う、食事(ブドウ糖を維持する、少量ずつ取り続ける)、運動(全力でのランニングを繰り返す、自己効力感が養われる)、逆境グラフを書いて、自分がこれまで経験した逆境をいかに乗り越えてきたのかを振り返る、諦める力、自分にとって本当に大切なものは何かを客観的に考える力などがありました。なんかうつ病の治療と重なりますね(笑)

僕は心がほんとに弱いですが、いろんな患者さんや自分も含めて、自分なりに今まで考えてきた僕が思うレジリエンスの育て方はこうです。

苦しいときに前向きな気持ちを持つためには
・日ごろから自分の人生に起こる物事(いいこともわるいことも)を深く考える習慣を持つこと
・自分以外の多くの人の考えをよく聴くこと
・本や映画などから多くの人の思考パターンを学ぶこと
が大切だと思います。

人生はずっと苦しいわけではない。それほど苦しくないな、今は楽な時間帯だなと思うときに、いかに思考の柔軟性を高めるか(苦しいときはそれどころではありません)。人は自分が苦しい状況に陥ったときに、頭の中でそこから抜け出す方法を必死で探すはずです。でも自分の中に探すためのいろんな引き出しや材料がないと、その方法を見つけられる可能性は低い。逆にいろんな引き出しや材料があると、その方法を見つけられる可能性は高まる。つまり普段からいろんな思考パターンのストックを自分の中にたくさん持つことです。思考パターンの数が少ない人はやはり打たれ弱いし、崩れやすい。逆に思考パターンが多いと打たれ強いし、崩れにくい。

人生で大きな逆境は毎日来るものではありません。でも誰にでも必ずその時は来る。それをどう乗り越えるのか。もっと言うなら、自分の力ではどうしようもないことで、どんどん落ちていく中でもいかに大けがをせずに着陸し、次の離陸のタイミングを待てるかだと思うんです。その時に必要なのがレジリエンスなのでしょう。

人生の有事に備えて、常に自分のレジリエンスを育てたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。