2015年4月29日水曜日

無駄をなくす

財津和夫さんのコンサートに行ってきました。財津和夫さんといえば、チューリップですね。歌手デビューして45年だそうです。開業して1年そこらの僕にはその年数を続けてこられ、今も活躍されているというだけで、本当に尊敬します。

財津和夫さんのコンサートは予想どおり、平均年齢は僕よりもだいぶお兄さん、お姉さんの世代でした(笑)。始まって1時間が過ぎた頃に、財津さんが出て行かれるので、なぜかなと思うと、自動的に電気がついて、観客の皆さんも当たり前のようにどんどん出て行かれました。その後、「15分間の休憩に入ります」というアナウンス。なるほど、休憩なんですね。コンサートで休憩があるのは僕自身、初めてでした。

もちろん、僕は財津さんの歌、歌声が好きで、聴きに行ったのですが、その中でこんな話がありました。財津さんはコマーシャルソングをたくさん書かれたそうです。コマーシャルは基本、15秒で観ている人の気持ちを掴まないといけないため、一旦歌を作った後に、どんどん無駄を省いていく作業をするそうです。そうすると、これもいらない、あれもいらないとなり、本当に必要な部分だけを残すことになり、大変勉強になったそうです。

そのときに、自分の診察のことを思いました。長くとも10分という診察時間の中で、まだまだ無駄があるんじゃないか。もっとスマートで質の高い診察にすることができるはず。「今のこの質問、いる?」と自問自答するようになり、このコンサート以降、診察をしながら、自分の診察をつぶさに見ることを始めました。すばらしい歌だけでなく、いいお話をいただいた財津さんに感謝ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。