2015年6月27日土曜日

コントロールできないことは気にしない

アスリートの人たちのお話が興味深くて、よく本や新聞で参考にしています。アスリートの人たちはスポーツや競技で結果を出すという目標がはっきりしている上に、トレーニング、自己管理の方法について公開してくれます。

松井秀喜さんの「コントロールできないことは気にしない」という言葉があります。マスコミの報道が気にならないかという質問に、「気になりません。記者が書く内容は僕にはコントロールできないですから」と答えたそうです。これはきっと相手の投手やチームの状態、その日の天候など、自分でコントロールができないことにはエネルギーを使わないで、そのエネルギーをバッティングや体調管理などに使うということなのでしょう。人は自分を変えるより、他の人や環境に変わるように望んでしまう。つまり誰かのせいにしてしまう。これは僕自身がそう考えてきたから、余計にそう感じているのかもしれません。

僕には診察前までの患者さんの状態はコントロールできません。もしコントロールできるとすれば、ホームページ、ブログ、予約の電話での対応だけです。当然、松井秀喜さんの言葉通り、他の人の僕への評価はコントロールできません。

心理療法を行った際に、何が治療にとって有効だったのかという研究をしている人がいます。その中で偶然の出来事、患者さんの能力など治療外の要因とされるものが87%であるという報告があります(何をもって心理療法の効果なのかとするのが議論が分かれるところかなとは思いますが)。ただ、僕も自分の実感として、偶然の出来事でよくなられる方が多いのは同じです。あまりにこのことを考えすぎて、自分は何も役に立ってないなと、一人でへこんでいる時期もありました。でも今考えると、治療のすべてを自分が担っているのかと思わせるような、すごく傲岸不遜な考えですよね。そんなこと、あるはずないのに。

自分がコントロールできることに集中して、コントロールできないことは気にしない。大変勉強になるし、自分への癒しにもなる言葉ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。