2015年8月13日木曜日

仕事はおもしろいけど楽しくはない

元LINE社長の森川亮さんの「シンプルに考える」を読みました。ご自身のビジネスや人生観について書かれた本です。

戦わない
ビジョンはいらない
計画はいらない
情報共有はしない
偉い人はいらない
モチベーションはあげない
成功は捨て続ける
差別化は狙わない

などなど、一見して、え?と思う言葉が並びます。普通の人ならその真逆だろうと思うような言葉です。その言葉一つ一つを解説しながら進んでいきます。ビジネスの本質を書いていると感じました。過去1年間で一番面白かった本です。その中でも特に、読みながら、僕と全く同じだ!と思えたのが、


「仕事を楽しもうという言葉を耳にすることがあります。これには共感できない。仕事はおもしろいけど楽しむという感覚はありません。なぜなら仕事は厳しいものだから」


僕は仕事を楽しんだことはありません。僕にとって仕事は基本的にしんどいものですし、そのしんどさの中で治療がうまくいって、うれしいな、おもしろいなと幸せを感じることはあります。楽しいとおもしろいは違いますよね。楽しむって言葉には何か余裕を感じます。今の僕のレベルでは仕事を楽しむなんて余裕はありません。僕が仕事について楽しいなと思える時は仕事(治療法など)について勉強している時、仕事について誰かとディスカッションしている時など、患者さんを前にしたときではなく、実際の仕事とは離れて、何かを学んでいるときです。つまり、何かを吸収しているという楽しさです。たしかに何かを吸収しているときはむちゃくちゃ楽しい。でもそれは仕事を楽しむこととは違います。

すごく治療ができる先生方は仕事を楽しまれているのだろうと想像はします。最高ですね。そんな日が来るのでしょうか^^。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。