2015年9月27日日曜日

街で患者さんを見かけたとき

街を歩いていて、一人で結構な大声で独語をしている人を見かけませんか?おそらく幻覚妄想の状態の患者さんなんだろうなと思います。

僕は時折そんな人を見かけるので、どうすべきなのか何度も考えてきました。周囲の人は驚いた怪訝な視線を送っていたり、ただただ過ぎ去っていく人たち。かく言う僕もただ過ぎ去っています。心の中では声をかけて話を聴くのか、救急車を呼ぶのか、警察にお願いするのか、いろいろ思います。周囲に迷惑もかけていないのに、わざわざ僕から「病院に行ったほうがいいですよ」なんていきなり声をかけるわけにもいかず、結局は何もできずに過ぎ去るだけ。

精神科の病院に勤務しているときは、街で独語をしていて興奮してきて、周囲に迷惑をかけてるからと警察とともに来られる患者さんは日常的にいました。でもこれは周囲の人が迷惑をかけられたとか、誰かに危害をくわえたとか、事件になったとか、そうなってはじめて警察から病院という流れでした。つまり周囲がかなり問題視しないと病院の受診にはつながらない。

僕の勝手なアイデアですが、警察と精神科病院が連携して、街で患者さんと思われる人がいたら、受診を勧めるようなパトロールみたいのはどうでしょうか。でも警察の人と精神科医のマンパワーと人件費とかいろいろあるのかなとも思ったり。一人でそんなことを思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。