2015年9月6日日曜日

吸ったら吐きましょう

ストレスを受けると、何か重いものが頭や体にたまるような感覚を覚えることはありませんか?

そんなときにみなさんはどうされますか?深呼吸をしたり、ため息をついたり、中にはタバコを吸って吐かれる方もおられるでしょう。でもそれだけでは難しい。

息は吸ったら吐かなくてはいけません。吐かないと次の新しい空気は入ってきません。吸うのは得意だけど、吐き方がわからない人が多い気がします。なぜそう思うかというと、他の人を見ていてもそうですが、当の僕がそうだからです。なので、僕はいつも自分の息の吐き方を探しています。みなさんも息の吸い方ではなく、ご自身なりの息の吐き方を探してみませんか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。