2015年10月11日日曜日

開院して2周年のアンケート

開院して2周年を迎えることができて、今年も患者さんにアンケートを実施しました。

今年は全体的な満足度だけでなく、項目を医師、看護師、心理士、受付など、部署ごとに、5段階評価(とても満足、満足、普通、不満、とても不満)としました。


とても満足または満足に⚪️をしていただいた方の割合


1. 当院に通院していただいて満足されていますか? 84%

2. 予約時の対応は? 83%
3. 当院の雰囲気は? 87%
4. 受付の対応は? 91%
5. 医師の対応は? 87%
6. 看護師の対応は? 87%
7. 心理士の対応は? 86%
8. 診察時間、待ち時間は? 53%
9. 今後も通院したいですか? 89% 

診察時間、待ち時間以外の項目で80%以上のご評価をいただけたこと、本当に嬉しく思っています。僕は自分自身が勤務医をしながら、「自分が開業するならこうはしないな」と思うことが数多くありました。それらを具現化したのが今の宋こどものこころ醫院です。もちろん開業してからも日々の改善すべきことを探して、改善してきましたし、これからも改善し続けていきます。


フリーコメントにいただいたご意見をゆっくりと読んでいて、本当に忌憚のないものばかりでした。

改善してほしい内容でもっとも多かったのは診察時間が短いこと、椅子がほしいでした。高評価いただいた内容でもっとも多かったのはすべての部署のスタッフの対応の良さでした。

一番うれしかったのが「先生やスタッフみなさんのおかげでホッとできます」というお言葉。これは僕が院長として経営者としてもっとも大切にしていることです。それでなくても辛いことを抱えて来られる患者さんやご家族にホッとしてもらうこと。これ以上に大切なことはないと僕は考えています。

改善すべきこととして、診察時間の短さをたくさん挙げていただきました。実際、再診の診察時間は5−10分であり、これを長くすることは今の時点では困難です。しかし、これは僕の技量不足であり、この時間内に満足していただけるように技量を上げることが必要です。


そして何よりも大切なのは今回のようなありがたい評価を今後も続けていくことです。1、2回はまぐれです。継続できなければ、何に意味もありません。そのためにこれからも宋こどものこころ醫院スタッフ一同、邁進してまいります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。