2015年11月28日土曜日

薬が必要なときがある

明らかにうつ病にある方、発達障害でいろいろ対応している中で落ち着きがなく、イライラが止まらない方。

僕は薬を処方するのが好きな医者ではありませんが、医療者としてどう見ても薬があったほうがいい場合があります。

でも中には薬がどうしてもいやだという方がいます。理由をお聴きすると、「ネットで書いてたのを見て怖くなって」というのが一番多く、「やめれないと困るから」、「~さんが飲んでしんどくなったから」などです。

まあ、理由は何であれ、頑なに拒否されます。もちろんそのお気持ちも理解できます。はじめは誰しも薬を飲むことが不安になるのは当たり前です。その時、僕は当然、強くはお勧めしません。薬なしでしてみて、それで生活ができそうならそれでいい。しかしやはりしんどいなと思う方にはお出しするようにしています。もちろん副作用のために生活に支障があるくらいならすぐに中止します。

最終的な僕の意見としては、薬があったほうが少しでも楽に過ごせるだろうとこちらが判断したときは薬をお勧めします。なぜなら、薬なしで、耐える時間が長くなって、もっと事態が大きくなったり、調子がもっと悪くなってしまうことがあるからです。追い込まれたときに薬が症状をブレイクスルーしてくれて、状態をよくしてくれることがあります。そうすることで家族や周囲の人も余裕が生まれて楽になり、好循環に入っていけます。

当たり前のことですが、薬が必要なのかなと迷われたときは医療機関で薬についてご相談いただけたらと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。