2016年2月18日木曜日

目を見ただけでわかるんですよね?

「先生は目を見ただけでわかるんですよね?」

これは僕が実際に患者さんに言われたことがある言葉です。言うまでもありませんが、ありえない話です。僕は占い師でもなければ読心術もできません(笑)。

精神科医は「心の専門家」と思われているかもしれませんが、僕は自分も含めて精神科医をみていて、この人は「心の専門家」だと思ったことはありませんし、そもそも精神科医は人の心はわかりません。しかも心をわかるから治療ができるわけでもありません。ただ、人の心をわかろうとする努力はします。

弁護士は法律の専門家、消防士は消防の専門家、学校の先生は教育の専門家、魚屋さんは魚の専門家、料理人は料理の専門家などなど、世の中には専門家と呼ばれる仕事がたくさんあります。ただ、専門家と呼ばれる人たちで、自分の専門の内容についてしっかりと答えられる人はほとんどいないのではないでしょうか。つまり肩書きと実際は違うということです。一般に専門家と言われるべき仕事でも、そうでないことは自分の仕事を振り返ればわかります。これはどんな仕事でも同じではないでしょうか。でもその道を極めようと努力している人のことを専門家と呼ぶと僕は思っています。その道に完成や終わりなんてありませんが、その努力を続けられるかどうかが、専門家とそうでない人の違いな気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。