2016年2月24日水曜日

僕という人間との出会いを通して楽になりますように

僕が診療に向かうときにいつも願うことがあります。

僕という人間との出会いを通して、目の前の患者さんが楽になりますように。

これは医療をする人間なら誰でも思うことでしょう。僕と出会う患者さんに、「また明日から生きてみてもいいかな」と思ってもらいたい。患者さんの心の中で消えかけている希望の灯火に少しまた火を灯したいじゃないですか。僕が医者だからとかそんな表面的な理由ではなく、そう思ってもらえるような人間になりたい。これは僕個人の人間としての望みというか、欲求であり、今の僕の目指す究極の型かもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。