2016年4月10日日曜日

求めない時間を持つと心が静かになる

「求めない」から始まる加島祥造さんの詩集を読みました。人は求めないわけにはいかないから求めてもいいんだけど、求めない時間を持つと心が静かになる。そんな詩が出てきます。

この詩集を読んで、自分を振り返ると、寝てる時間も含めて24時間365時間、自分が常に何かを求めて生きて来たことに気付きました。でも実は、この詩集に出会う前から常に求める自分の生き方が自分を疲弊させていることには薄々気づいていました。この詩集に出会ってから、詩集を読ん出るはずなのに、大自然に中で自分が解放されている感覚を覚えました。1日の中で求めることをやめる時間を少しでいいので作ってみるのはいかがでしょうか。決して難しいことではありませんし、誰にでもできることであり、ご自身の心の姿勢次第です。すると、本当の意味で自由を得られ、心が静かになるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。