2016年12月31日土曜日

いただいたお礼へのお礼

昨日で今年の当院の診療が終わりました。

年末になると患者さんの中には心温まるお礼の言葉を下さる方がおられます。その時、なんと言葉を返していいのか心の中ですごく戸惑います。こんなにありがたい言葉をいただいたのだから、僕もそれに対して自分の気持ちを正確にお礼の言葉にしたい。なのに、それがうまくできず、「いえいえ、こちらこそです」みたいに簡単に終わってしまう。これは僕としてはなんとももどかしいですね。それで後で仕事が終わった後にしみじみとありがたかったなと一人で思い返します。なので、今年の年末にお礼の言葉をくださった方々、僕はそのお言葉をすごくありがたく思っておりますので、そこの部分をご理解いただけると嬉しいです。本当にありがとうございます。

そして来年も来院いただいた患者さんやご家族に喜んでいただけるよう醫院全体としてスタッフ全員で最善を尽くす所存です。よろしくお願いします。


2016年12月23日金曜日

初診をお待ちいただいていることへのお詫び

当院では初診予約受付を1か月先までとしております。そのため当院では現在、初診予約の患者様の受付をさせていただけず、初診をご希望の患者様には大変ご迷惑をおかけしております。

その理由として、当院の特徴上、長期間の通院を必要とされる患者様が多いことに加え、当院では来ていただいた患者様お一人お一人にスタッフ全員でその時の最善の治療、サービスを提供することを醫院の方針の中心に置いています。そのために当院のキャパシティーを超える数の患者様を診療することができません。本当に申し訳ありません。

現在ご迷惑のおかけしている患者様にはご理解、ご容赦をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

                  宋こどものこころ醫院 院長 宋大光 

2016年12月17日土曜日

人は気持ちよくしゃべりたい

人は他の人から素晴らしい話を聴くよりも、自分の言いたいことを気持ちよくしゃべりたいものです。患者さんに気持ちよくお話ししてもらう。それが心の治療の第一歩だと思います。

2016年12月10日土曜日

療育は日々の生活の中にある

発達障害への療育というのは今や常識になっています。確かに療育は大切ですが、僕は療育とは日々の生活の中にあると思っています。〜療育センターで療育を受けることはいいことです。でもその時間はその子にとってはほんのわずかな時間であり、そのほかの大部分の時間にそこで学んだことを親御さんや周りの人が継続してくれないと、多くの場合、発達はそう簡単には伸びません。生活の中で療育の技術を取り入れて、実践してあげてください。そうすることで本人が伸びるだけでなく、親御さんも関わり方を知って、生活が楽になり、お互いにハッピーになれます。

2016年12月3日土曜日

ボールに絡んでいないときのうまさ

サッカー日本代表の本田圭佑選手が新聞のインタビューでこんなことを言っていました。

「日本でサッカーがうまいとはボールタッチのことばかり言われる。ヨーロッパではボールに絡まなくてもうまい選手がいる。ボールに絡んでいないとき(オフ)にの駆け引きのうまさでオンを輝かせる」

サッカーの試合では一人の選手がボールを触る時間は2分に満たないそうです。つまりそれ以外の時間はすべてオフなわけです。僕自身の診療も同じです。僕自身が話ししてる時間なんて短い。患者さんが話しをされてる時間のほうが圧倒的に長いわけです。大事なのは患者さんの話しを聴いてるときに僕が何をしているのか。自分の頭の中で何を考えるのか、どんな表情をするのか、どう反応するのか、視線を合わせるのか外すのか。僕が話しをしている時間よりも聴いてる時間のほうが大切であることは言うまでもありませんでしたが、本田選手の言葉でよりそれを強く感じました。