2017年4月29日土曜日

反省ではなく復習する

治療がうまくいかない時、患者さんがよくならないまま来なくなってしまった時、正直かなり落ち込みます。そんな時、僕は自分のどこがまずかったのかを考えて反省してしまいます。それを何度も頭の中で繰り返して、しばらく引きずるので、僕の中では自傷行為のような行為です。自分の間違いを振り返って後悔する。いわゆる反省というものでしょうか。

でもこれは精神的には良いものとは言えませんし、度が過ぎてしまうと、明日への活力を削いでしまいます。そこで僕はいつも自分に言い聞かせます。

「反省はよくない、復習しろ」

なぜなら大事なのは自分をいじめるような後悔や反省ではなく、次回から同じミスをせずにうまくやることです。つまり何がまずかったのかだけを復習して、気持ちを切り替えて明日に向き合うことこそが大切なのです。自分で思いついたこの考えを自分に刷り込もうと努力しているところです(笑)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。