2017年6月3日土曜日

接遇は一方向ではない

僕なりに丁寧に接しているのに、なぜ満足していただけないのか、あるいは逆に不満を持って帰られてしまうのか。これは医者になってからずっと思ってきたことで、開業してからはその思いが何倍にも大きくなりました。そしてその一つの答えが接遇にあるはずだと考え、ずっと接遇の研修を受けたいと思っていました。それが今回ようやく叶って、スタッフたちとANAの接遇研修を2日間受けてきました。

接遇としての技術的なこと、患者さんはどう感じているのか、医療者と患者さんとの感じ方の違いなど、目からウロコの内容が数多くありました。でもそこで学んだ一番大きなことは、接遇はこちらからだけがしているものではないということ。つまり接遇とはこちら側から患者さんに向けてしているように見えて、実は患者さんから僕たちも受けているということ。普通に想像すれば当然のことですよね。人は誰かによくしてもらうと、その人によくしてあげたくなる。「お返し」の精神ですね。

僕らの仕事もそうです。医療従事者が患者さんに温かい態度で接すると、それで患者さんも医療従事者に対して温かい態度で接してくれる。まさに患者さんが僕らを助けてくれているわけです。

「もてなし、もてなされる」

接遇って一方向ではなく、双方向なんですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。