2017年9月23日土曜日

その悩みにはその人が一番一生懸命

患者さんやご家族はなんらかの悩みや問題、症状を抱えて精神科を訪れます。それは患者さん本人が来られる場合、ご家族と一緒の場合、本人は来れなくてご家族だけということもあります。いずれにせよ、多くの場合はその問題について一番なんとかしたいと思っている方が来られます。そして訪ねて来られるその方は一番その問題に一生懸命で、一番その問題について詳しい。でもその問題はなんとかできない(と思っている)。僕の立場でいくと、それをどうしたらいいのかと尋ねられます。実はその人自身が一番問題を解決することができる人なのに。その時に僕たち治療者がすることはその一番一生懸命で、一番詳しい方が持っているいろんな力をどうしたら引き出せるのか。僕らの仕事はそこだなと最近つくづく思います。「こんなに一生懸命で素晴らしい力を持った方がなんでこんなことで悩んでおられるのかな」。お話をお聴きしてると、そんな風に思うことが非常に多いのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。