2017年10月6日金曜日

誰も人を傷つけたいわけではない

心ない言葉を直接言われたり、誰かを通して聞いたりすることがあります。それをそのまま受けて、傷つくことがあります。でもそれってその人が自分のことを傷つけることだけが目的でわざわざ傷つく言葉を言うのでしょうか。その裏に、その言葉を言った人の悲しみ、寂しさ、辛さなんかがある気がします。スピリチュアリストの江原啓之がこんなことを言っていました。

「幸せな人は意地悪しない」

何かしらみんな悲しみを持っているから、誰かのせいにしたり、誰かを攻撃したくなる。誰も人を傷つけたいわけではない。そんな気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。