2018年1月13日土曜日

自分の中に汚いものがあるから綺麗なものがわかる

菜根譚の中にこんな言葉があります。

潔(けつ)は常に汚(お)より出(い)で、明は毎(つね)に晦(かい)より生ずる

清潔なものは常に汚い物から出てくるし、明るいものは常に暗い物から生ずるという意味です。

世の中の格言やすばらしい至言は何か高潔で崇高な概念から生まれているように見えますが、そんなはずはないですよね。その言葉を生み出した人がそれに気づいたのは自分の中の汚いものがあったからこそ、その綺麗なことに気づけたと思います。なぜなら、汚いと言う概念は綺麗という概念があるからこそ成立するからです。なので、自分という中に汚いものがあるから綺麗なものがわかるし、暗いものがあるから明るいものがわかるのでしょう。つまり、自分の中に汚いもの、暗いものがあっていいわけです。それがないと世の中の綺麗なもの明るいものに気づけないでしょうから。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。