2021年1月15日金曜日

自己愛は基本

 「自己愛が強い」という言葉を聴きます。日本語のニュアンスとしては、あまりいい意味には使いません。でもそれはどうなのでしょうか。 自己を愛することほど大切なことはない気がします。最も身近な自分という存在を愛せない人が、他の人を愛することができるのかと思います。まず自分を愛することができて、初めて他の人を愛することができるのではないでしょうか。

2021年1月9日土曜日

今この瞬間にも禍福の両方がある

 今我慢してがんばればいつか楽ができる時間が来るだろう。それを励みにしてがんばることがあると思います。それももちろん生きていく上で大きなエネルギーになります。でも実際にその場に立ってみると、そこに広がる景色は相変わらずしんどい。そんなこともあります。すると落胆や腹立たしさを感じます。それなら遠くを見て耐える、我慢すると考えるのではなく、今この瞬間を生きてその中には禍福の両方があると考えたほうがいいのではないか。そう思います。


2021年1月1日金曜日

みなさまにとって良い一年になりますように

2021年が始まりました。明けましておめでとうございます。 

世界中の人の幸せを願うなんてことは言えませんが、このブログを読んでくださっている方をはじめ、少なくとも僕が少しでも関わるすべての方々にとって良い一年になることを祈念します。

2020年12月25日金曜日

今年1年もありがとうございました。

 いつの間にか今年最後のブログを書く時期が来ていました。この1年はコロナの影響で、年始のときには想像できないようなことが生活の中でたくさんありました。それに追われて、時間が過ぎていったように思います。そんなコロナの渦中にあっても、患者さんの診療が続けることができました。毎年その年の終わりは感謝の気持ちを改めて感じていましたが、今年も感謝の気持ちは変わりません。ブログを読んでいただいてる方にも感謝いたします。いい年末年始をお送りください。

2020年12月18日金曜日

人のためになんておごりだと思っていた

 先日のアナザースカイに俳優の大泉洋さんが出演されていました。その中でこんな言葉がありました。


「それまで人のためなんておごりだと思っていた。でも東日本大震災の年にイベントをしたときに感想をもらった。ほんとにありがとう、元気をもらいましたって言ってもらった時に、僕がやってることを喜んでくれる人がこんなに日本中にいるんだという思いになった」

僕とまったく同じ気持ちや(僕の場合は日本中なんてことはありませんが)。そう思いました。これまでの僕は有名人やスポーツ選手が「人に希望を与えたい」みたいな発言をしていると、「神様でもあるまいし、よくそんなこと言えるな」と思って見ていました。たとえ患者さんから「先生のおかげで元気になれました」なんて言われても、「お世辞なんだろうな」、「そんなわけがない」、「僕は何もしていないのになんでそんなことを言われてるんだろう。奇特な人だ」、冗談ではなく本気でそう思っていました。


それが最近になって、僭越ながら患者さんやご家族から心からの感謝の言葉をいただくと、それが僕の中に入ってきて「僕がしていることで喜んでくれてる人がいるんだ」とまさに大泉洋さんの言葉どおりのことを思うようになりました。そこから自分が治療をすることで楽になってもらうんだという覚悟のようなものが芽生えました。これは医者としての大きなターニングポイントになったと思っています。