2018年9月21日金曜日

人や出来事との出会いが助けてくれる

すごい生き方をしたからすごいのではなく、生き抜くこと自体がすごいと誰かが言っていました。確かにそうですよね。そして、人が生き抜くことができるのはいろんな人、出来事との出会いに助けられ、それによって勇気付けられて自分がこの世にいていいのだと思えた時だと思います。誰しもそんな人や出来事との出会いがあるのではないしょうか。

2018年9月14日金曜日

治療は患者も治療者も幸せにする

内科医であれ精神科医であれ心理士であれ作業療法士であれ、全ての治療者は一人の人間です。それぞれの人生の中で困難、それによる傷つきを持って生きています。これは全ての人間に共通するところです。そんな治療者にとって、誰かの治療をするということは治療者自身を救うことになっていると僕は考えています。なぜなら患者や傷ついた人を治す、よくなってもらうように尽力することで治療者も自分自身を肯定し、自らの人生での傷を癒すことになるからです。僕自身も患者さんの治療をすることで、何度も僕自身が救われてきました。「自分もこの世に生きていていいのだ」、僕はそう思えました。治療という行為は患者と治療者のお互いを幸せにしてくれるものだと思います。


2018年9月8日土曜日

責任が自分にあるなんておこがましい

人は仕事やプライベートなど自分の身の回りで何か事件が起こると、それは自分の責任だと考えがちです。でもそれってどうなのかなと思います。あまりにも極端というか。なぜなら、それは何か事件が起こることに自分は関与している可能性はありますが、そのすべてを担っているわけではありません。物事が起こるというのはそんな1つの要因から起こるほど単純なものではないはずです。いくら自分に近い人たちに何かが起ころうが、自分に責任があるなんて考え自体がおこがましい気さえします。

2018年9月4日火曜日

台風の中、来てくださった患者様へ

今日は台風21号が近畿地方を直撃し、大荒れの天気になりました。主な公共交通機関のほとんどが午前中から本数を減らし、午後からは運転を休止している状態です。当院も開院以来はじめて、診療日にも関わらず急きょ午後からを休診とさせていただきました。その中でも午前中に来てくださった患者様やご家族がおられました。受診されるお気持ちはそれぞれだと思いますが、改めてありがたい気持ちになりました。ありがとうございました。